天皇「お気持ち」への対応鈍い政府!象徴としての任を果たせない・・・「退任決意」の危機感理解してるのか

印刷

   天皇が「お気持ち」を述べて以降、その波紋は静かだが確実に広がっている。週刊新潮でも様々な立場の人に感想を聞いているが、政治学者の白井聡氏のを紹介しておきたい。

   <今回の意向表明には、安倍政権による改憲プロセスを食い止める意図が込められているという見解が、囁かれている。安倍政権と熱心な支持者たちの戦後民主主義に対する敵意は明らかであり、その表面化に対して、天皇・皇后夫妻は慎重だが明白な態度表明を行ってきた。ゆえに、改憲勢力への牽制という見方はおそらく間違っていない>

   だが、それよりも、国民統合の象徴である今上天皇が、象徴としての任を果たすことが困難になりつつあり、憲法遵守を誓う天皇が「ルール違反」を冒してまで皇室典範の改正という政治的行為を要請するほど、危機感が強くなっていることに注視すべきであるという。

   対米従属構造の下に天皇の権威があり、さらにその下で営まれるものとしての戦後民主主義が規定されていたのだが、冷戦終焉後、この構造が日本の国家指針であることの合理性が失われてしまった。今や精神的権威は天皇ではなくアメリカにほかならないとして、<時勢に適合しなくなったその根本構造を乗り越えるためには何が必要なのかを国民に呼び掛けた>のが今回の「お気持ち」だったとしている。

   私には難しくてよくわからないが、天皇が重大な決意をもって「お気持ち」を発したということはわかる。それにしても政府の対応は相当鈍いように見えるが。

安倍首相夫人アッキー「沖縄・ヘリパット建設現場」に乗り込んだ軽率!「挑発行為だ」と反対派

   安倍首相は夏休み中ゴルフ三昧だったが、アッキーこと妻の昭恵さんは、ひとつ間違えば危ない行動に走っていたと週刊新潮が報じている。8月6日(2016年)に沖縄県東村の高江地区にある米軍北部訓練場を彼女が「電撃訪問」したのだ。ここはオスプレイが発着するためのヘリパッド建設をめぐって、警戒する警察と反対派が睨み合い、7月には多数の逮捕者や負傷者が出ている場所である。

   そこにSPもつけずに乗り込んだのだ。抗議を続ける「ヘリパッドいらない住民の会」の人間はこう批判する。<「総理夫人は何のアポイントもなくやって来て明らかな挑発行為だ。僕らが手を出していれば、運動も潰されて政府のいいようにやられる。そういうやり口だよ」>

   こういう人を「無謀バカ」とでもいうのだろうか。この沖縄行きをアテンドしたのは<「先の参院選で、山本太郎氏らの支援を受けて東京選挙区から出馬した歌手の三宅洋平さんです」(三宅氏の支援者)>。彼は反原発で沖縄問題にも深く関わっているが、アッキーは池袋の飲食店で出会い、意気投合したという。

   その際、アッキーは安倍首相に電話し、三宅氏と話しをさせたそうだ。反原発、沖縄の基地問題に本気で取り組むなら、まず夫を説得するのが先だろう。目立ちたいだけの物見遊山ばかりしていると、そのうち痛い目に遭うのではないか。

鶴保庸介・沖縄北方担当あきれる父親失格!元妻「子供の養育費払って」

   その安倍首相は、無難な内閣改造を終えてホッとしているのだろうが、またまた閣僚のスキャンダルを週刊ポストが報じている。鶴保庸介氏、49歳。政治家生活19年目で、沖縄・北方担当大臣として初入閣したイケメン議員である。

   彼の名を知らしめたのは野田聖子元郵政相の夫としてだった。野田氏が夫婦別性を提唱していたため入籍はしなかったが、野田氏の不妊治療に協力し、06年には「ナイスカップル」にも選ばれている。だが、それが別れる理由にもなってまったようだ。当時、鶴保氏はこう語っている。

   <「別室へ行ってアダルトビデオを見て射精。それを試験管に入れて終わり。言葉は悪いですが、不妊治療をしている男性は自分のことを『精子製造機』のように思ってしまう瞬間があると思います」>

   そんな彼が元妻・萩原美穂さん(仮名・31)と出会ったのは2011年頃。当時26歳だった美穂さんは東京でメディア関係の仕事をしていたそうだ。12年の夏には和歌山の美穂さんの実家に鶴保氏が挨拶に行っている。しかし、2人の間には13年の夏頃から微妙な空気が流れるようになったそうだ。ちょうど美穂さんの妊娠が判明したタイミングだったという。

   彼女が入籍を求めても、鶴保氏に応じる様子はなかった。10月に話し合いの場を持ち、その席で「鶴保さんは美穂に『婚姻届を出すなら、離婚届も書いてほしい』と言い出したんです。(中略)結局、美穂はもうすぐ生まれる子供のことを考えて、泣く泣く離婚届にも署名捺印したと言っていました」(美穂さんの親族)>

   翌14年の2月上旬にようやく2人は入籍する。子供が生まれる3週間ほど前のことであったという。そして出産から2か月後、美穂さんや親族を仰天させる出来事が起こる。大阪市から突然、「離婚届けを受理した」という通知が届くのだ。さすがに彼女の両親も<「こんな人とは別れたほうがいいと離婚を勧め、美穂自身も気持ちを固め、弁護士を立てて離婚協議を始めたんです。話し合いは難航したものの、14年10月に慰謝料不要、月額8万円の養育費を払うという条件で協議離婚が成立しました」(同)>

   ところが、鶴保氏は昨年の秋に何の連絡もなく養育費の支払いをストップしてしまったそうだ。出産後、彼が子供に会ったのも3、4回程度しかないという。<「彼には父親としての自覚や責任感はまったく感じられません」(同)>

   鶴保氏に週刊ポストが話を聞こうと電話すると、結婚、離婚、子どもの出生については認めたそうだ。その後、文書で「離婚の事実には相違ありませんが、細部にわたっての経緯や現状については、プライベートな部分につき、当方は何もお答えする用意はありません」と答えた。

   たしかに夫婦間の問題は他人ではわからない部分が多くあることは間違いないが、「オレは子づくりの道具じゃない」と野田氏と別れ、待望の子どもが授かったのにすぐ離婚してしまうとは不可解というしかない。この御仁、幹事長に就任した二階俊博氏の側近中の側近といわれるそうだが、人として大きな問題を抱えているのではないかと思わざるを得ない。

小池都知事の足引っ張る「特別秘書官」極右元都議と政治素人の元読売新聞記者

   リオ五輪の閉会式に出席した小池百合子都知事と都議会のドン・内田氏との第1ラウンドは、築地市場の「豊洲移転問題」になりそうだと週刊文春が報じている。

   それはともかく、週刊文春は知事の「都政改革」を担うことになる2人の知事特別秘書官に問題ありだと追及している。1人は野田数(かずさ)氏(42)。自民党都議などを経て、12年に維新の会から衆院選に出馬したが落選している。小池氏の秘書を務めた経験もあるそうだ。

   <「都庁では極右として知られている人物です。都議時代には、朝鮮学校への補助金廃止を訴えたり、国会議員の尖閣諸島視察団に都議で唯一参加して国旗を掲げたりしていました。十二年には日本国憲法無効論を唱えて、大日本帝国憲法復活の請願を都議会に提出。当時の橋下徹代表の顰蹙を買ったそうです」(元都議)>

   もう1人は、元読売新聞記者の宮地美陽子氏(39)。早稲田大学の柔道部出身で、全日本学生女子柔道大会にも出場しているそうだが、政治畑は詳しくはないようである。

   自民党都議団は手ぐすね引いていると週刊文春は書いている。<「野田氏が議会対策を担当するようですが、彼はキワモノ。我々も野田氏に狙いを定めていく。一方の宮地氏は政治の素人。ワーキングマザーというだけで抜擢したのでは」(自民党都議)>

   さて、この勝負いかがなりますか。

金融庁も問題視「外貨建て保険」手数料高く窓販の銀行だけが丸儲け

   週刊現代の「60過ぎたら、70過ぎたら、『買ってはいけない保険』全実名」を紹介しよう。いま中高年を中心に爆発的なヒット商品になっているものに、銀行の窓口で販売されている「外貨建て保険」というのがある。だが、金融庁はこの窓販商品を問題視しているという。とくに、売れ筋の外貨建ての一時払い保険について、手数料が高めに設定されていて、顧客に不利益があると指摘し始めたというのである。金融庁関係者がこう明かす。

   <「金融庁が水面下で調査を実施したところ、外貨建て保険を売った場合、銀行側は保険会社側から販売手数料として7~8%、中には10%を超える高額を受け取っていることが判明しました。

   投資信託の販売手数料が2~3%なのに比べれば倍以上。『マイナス金利の時代に高金利で運用できる』とセールスしながら、実は500万円の保険料のうち50万円もの多額が銀行の懐に消えている」>

   私の経験からいっても、保険屋は加入者のことなどこれっぽっちも考えてはいない。甘い言葉で誘うが、いっている言葉に実はほとんどないと思ったほうがいい。週刊現代によると、介護保険も保険のプロたちは「入らなくてよい」と口をそろえるそうだ。ファイナンシャルマネージメント代表の山本俊成氏は、<「介護保険は、日本のあらゆる保険の中で商品としての質が最も低い」>という。<「日本では介護保険法が毎年のように改悪され、介護の対象者がどんどん変わってしまうため、まともな保険を作りようがないからです。しかも、基本的に保険料が割高で、払った分がそのまま返ってくるという構造。それなら、保険金で支払うカネを預金したほうがいい」>

   保険屋は千三つ屋。千に三つしか誠はない。私はそう思っている。

嫌いなジジイ「ワースト10」舛添要一、森喜朗、みのもんた、鳥越俊太郎・・・

   最後は週刊ポストの「2016好きなジジイ、嫌いなジジイ」。いくつになっても好かれるジジイのベスト10。ビートたけし、タモリ、長嶋茂雄、王貞治、高田純次、加山雄三、西田敏行、志村けん、池上彰、舘ひろし。嫌われるジジイは、舛添要一、森喜朗、みのもんた、鳥越俊太郎、石原慎太郎、張本勲、鳩山由紀夫、小沢一郎、テリー伊藤、中尾彬。

   私が嫌いなジジイを5人挙げてみよう。本当は安倍晋三を1位に挙げたいのだが、彼は65歳以下なので残念ながら入れることはできない。もちろん自分を入れるのもやめておいたが、そうとう上位に来ることは間違いない。1位は石原慎太郎、2 位はビートたけし、3位が森喜朗、4位は小沢一郎、5位は小泉純一郎というところかな。

   私にはビートたけしのよさがまったくわからない。彼の顔がテレビに出るすぐにチャンネルを変えるほどだが、どこがいいのか誰か教えてくれないか。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中