2018年 11月 21日 (水)

スマートなのにメタボ!8人に1人「隠れ」に気付かず重大病がある日突然・・・

印刷

   スマートに見えるのにメタボリックシンドロームという『隠れメタボ』の人が914万人もいるという。厚生労働省の調査ではメタボの人は960万人だから、それとほぼ同じくらい『隠れて』いるわけだ。女性に多く、8人に1人が該当するという。メタボの自覚がないから油断して、糖尿病や心疾患、脳梗塞、血管性認知症になる危険も大きい。

   隠れメタボの基準を雨宮萌果アナが伝えた。「胴囲が男性85センチ以下、女性90センチ以下で、肥満度を示す体格指数BMI(体重(キロ)÷身長(センチ)÷身長)が25未満でありながら、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つが当てはまれば隠れメタボです」

ダイエットでかえって溜る糖や脂質

   美容師の小室里奈さん(28)はスリムだ。昨年、ヘアショーの舞台に立つために8キロのダイエットを行った。朝は白湯1杯、昼食はおぼろ豆腐1丁、夜はご飯を抜いて鶏のササミか塩鮭1枚で過ごした。すると血圧は基準値を越え、中性脂肪が2倍の値までになった。

   井ノ原快彦キャスター「ダイエットしてるつもりがまったく逆になってるんだあ」

   東京大学の古井祐司特任助教が警告する。「ご飯を食べないのが一番よくないですね。長い間食べないと、体はエネルギーを蓄える方向に変わります。それで糖や炭水化物や脂質が分解されずに内臓に溜まるんです」

   名古屋学芸大学・下方浩史所長によると、「隠れメタボの要因は絶食時間(8時間以上)が長いこと、栄養バランスが悪く足りないこと、運動不足です」

   あさイチでは「食事を抜いて総カロリーを抑えているものの、大量のスイーツを食べてしまう」「夕方の買い物程度しか外出しない」「深夜にスナック菓子を1袋食べてしまう」隠れメタボ女性が登場した。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中