自民党都連ドン内田茂から「モーニングショー」に回答!豊洲新市場工事受注「法的問題ない」

印刷

   東京都議会のドンと呼ばれる内田茂・自民党都連前幹事長が、豊洲の新市場の関連工事を受注した企業の監査役を務めている問題で、「モーニングショー」が出した質問状にきのう24日(2016年8月)、内田氏と企業から回答があった。「法的に問題はない」としている。

   地方自治法92条2は、地方議会の議員に自治体から事業を請け負う企業の役員になることを禁じている。受注企業は内田氏の監査役について、「コンプライアンス強化のため」としているが、報酬額は明らかにしなかった。「事業受注で監査役に相談することもない」としている。さらに、受注額は微々たるもので、法的にも道義的にも問題はないと主張している。

監査役つとめ道義的責任ないのか

   これについて日本大学の岩井奉信教授は「自治体からの受注が事業総額の60%を超えると違法性があるという最高裁判決があります。33%でも合法という判決もある」という。たしかに関係企業の受注額は年間収入の4%以下で、この程度なら法律に触れないというわけだ。

法的問題なくても・・・

   司会の羽鳥慎一「道義的にどうかとなると、舛添さんと同じになってしまうが、これも問題ないということですかね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「それは道義的ではなくて、法的な話にすぎない」

   岩井「道義的は問題があると思います。内田さんの影響力は大変なものですからね。報酬の話はありませんが、これは政治献金の代わりにもなりかねない。地方企業は自治体への依存度が高いから、別に倫理規定を設けているところもあります。二親等まではダメとかね」

   高木美保(タレント)「倫理規定をもうけるというのは、何かあったからでしょう」

11月移転めぐって小池都知事あす方向表明

   きのう都内のホテルでは、内田氏の政治生活40周年記念の政治資金パーティーが開かれ、1200人が詰めかけた。自民党の二階幹事長、菅官房長官、丸川五輪担当相らもいた。

   豊洲市場は11月の移転が予定されているが、市場業者からは使い勝手が悪い、土壌汚染の心配があると移転延期を求める声が上がっている。小池東京都知事はあす26日にも豊洲移転について、計画通りに移転するか延期するかを表明すると見られ、延期になれば都議会との衝突は必至だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中