リオ五輪帰国「英国選手団」空港で大混乱!同じバックが900個・・・どれがだれのか?

印刷

   リオ五輪から帰国した選手団で、イギリスのヒースロー空港が大変な騒動になった。「予想外のトラブルというけど、こうなることはわかっていたと思うんですがね」と司会の小倉智昭が伝えた。

   問題は荷物だった。選手全員に「チームの一体感のために」と赤色の同じバッグが支給されていた。選手とスタッフ320人がチャーター機で一斉に戻ってきたため、荷物引き取りのターンテーブルに同じバッグが900個もならび、選手団のものとはわかっても、どれが誰のものかわからなくなった。タグで一人ずつに仕分けるしかなく、2時間も待たされたという。

日本選手団は一つずつ番号

   木下康太郎アナ「相当イライラしたろうなあ」

私の荷物ど~れ?

   小倉「支給された時は、代表入りしてうれしかったろうけどねえ。わたしの荷物はどーれ!」

   キャスターの菊川怜「名前は書いていなかったのかしら」

   日本選手団も同じスーツケースが支給されたが、一つずつ番号をつけてあって混乱しなかった。順番に置けば素早くピックアップできるようになっていた。こういうところは、日本は周到だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中