見せどころは「ティファニー」の宝飾品だけ!?滝沢秀明と武井咲も並べて「ほら、素敵でしょ」自己陶酔の絵葉書ドラマ
<せいせいするほど、愛してる 第6回>(TBS系)

印刷

   薄っぺらでドキザなセリフに苦笑いし通しの三流ドラマ。美貌で通っていた滝沢秀明も中年にさしかかり、このドラマではティファニージャパンの副社長だと。三好海里(滝沢秀明)は美人社員の栗原未亜(武井咲)に一目ぼれして以来、大怪我をして寝たきりの妻・優香(木南晴夏)がいるにもかかわらず、未亜に積極的に迫る。
   2人の姿を写真に撮られ、社長の三好嘉次(松平健)にとがめられた時、未亜は咄嗟に自分を追いかけている吉沢(中村蒼)と婚約していると嘘をついて切り抜けるが・・・。 筋はどうでもいいが、滝沢と武井の美男美女ぶりを、ガラス張りの綺麗なオフィスでねっとりと撮って、「ほら、2人とも絵になるだろう」と作り手が自己陶酔しているだけの絵葉書ドラマだ。他にはなんにもなし。
   滝沢は最年少で大河ドラマ『義経』に主演したり、舞台の演出も手掛ける多才ぶりだが、このドラマに関しては、顔面の筋肉が固定した能面のような無表情で、どう逆立ちしても演技が上手いとは言えない。ぬーっと立っているだけ。武井咲もテレビ屋の男たちが憧れるのか、次々に主演ドラマが出てくるが、みんなコケまくり。
   歳をとって歌手としても先が見えた小林幸子が、未亜の母親役で登場し、お人よしのおせっかい田舎者母をやっている。10センチものピンヒール靴で闊歩する娘の垢抜けぶりと対照的。敢えてドラマの見どころは、タイアップのティファニー製品の本物ぶりだけか。(放送2016年8月23日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中