ギャル曽根「プロ根性」立派!カメラ回ってなくても食べ続けて的確コメント
<いきなり!黄金伝説。>(テレビ朝日系)

印刷

   この日は「高速道路の人気グルメ関東近郊5大サービスエリア食べ尽くせ」だった。大食いタレント・ギャル曽根がサービスエリアの人気メニューを食べまくる1時間だ。
   ギャル曽根の凄いところは、既定のメニューを食べた後、美味しかったといっては頼まれもしないのに自主的におかわりし、次のサービスエリアへの移動中もずっと食べ続けていること。グルメレポーターのなかには、カメラが回っている時は美味しそうに食べるが、OKがかかればピタッと箸を置く人も多いと聞く。でなければ、1日に何食も食べることは不可能だ。
   ギャル曽根は違う。いくらでも食べられるのだからまさに天職だ。そのうえ、食べ方も綺麗だし、味や感想を自分の言葉で的確に伝えることもできる。食べることが好きというのが全身から伝わり好感がもてる。
   この番組が9月いっぱいで終了することが発表された。18年の歴史にとうとう幕が下ろされるのかと感慨深いものがある。最近は「客が集まる人気ローカル食堂」や「行列のできる即日完売グルメ」、そしてこの「高速道路人気グルメ」などグルメ企画ばかりで、すっかり「伝説」色も薄まり、いつ終わるかと思ってはいたが・・・。昔は「ヤギと1か月生活」「せんべいで1か月生活」など面白い企画もあったのに。よゐこ浜口の「獲ったどー!」でおなじみの「無人島0円生活」はたまに特番でやって欲しいものだ。(放送2016年8月25日19時~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中