台風10号上陸!心配な「大雨経験少ない東北」治水対策遅れ氾濫や堤防決壊

印刷

   台風10号は30日(2016年8月)夕方、宮城県牡鹿半島付近に上陸し岩手県を縦断して、午後9時ごろには青森県から日本海に抜けるとみられている。

   「スッキリ!!」の気象予報士・松並健治が心配するのは「大雨に弱い東北」だ。「九州や四国の大雨は、長年の治水対策もあって川から海に流れる『道』のようなものができているのですが、東北地方や北海道は大雨の経験が少ないため、この『道』がないんです」

   とくに、中小河川は大雨が降ると海に流れず、川の氾濫や堤防決壊につながり大きな災害をもたらす可能性があると指摘している。

   雨量は東北地方の8月1か月間の降雨量を1日で超える350ミリの大雨が予想されている。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中