4人ピストル殺傷の溝畑泰秀「2丁拳銃立て籠もり」!包囲の警察官にも発砲

印刷

   和歌山市内で4人を拳銃で殺傷し逃げている溝畑泰秀容疑者(45)が、拳銃2丁を持ち、発砲を繰り返しながらきょう31日(2016年8月)未明から市内の集合住宅に立てこもっている。

   溝畑は両手に拳銃を持って隣接する工事中の建物の足場に姿を現し、警察官に向かって拳銃を発射している。また、自分に拳銃を向け、自殺をほのめかすしぐさをしている。

   コメンテーターで現代社会論が専門の萱野稔人・津田塾大教授はこう指摘する。「警察は、周りに危険が及ぶのであれば強硬手段を取らざるを得ないだろうが、できれば容疑者を生きたままの状態で確保する方針でしょう。覚せい剤取締法違反で実刑判決が出ているし、拳銃を持っているので反社会勢力との結びつきがあると思われ、解明すべきことがたくさんあります」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中