「週刊文春」「週刊新潮」から邪推!夏目三久は有吉弘行と付き合ってたが妊娠・結婚降板は違う?

印刷

   夏目三久(32)という女子アナには「スキャンダル」が取り憑いているようだ。日本テレビの有望なアナウンサーとしてスタートを切ったが、コンドームの箱を手にして微笑む写真がFLASHに載り、辞めざるを得なくなりフリーに。芸能界のドンといわれる田辺昭知社長(77)の田辺エージェンシーに入り、TBSの「あさチャン!」、日本テレビの「バンキシャ!」などに出演して人気者になるが、今度はお笑いタレントの有吉弘行(42)と噂になり、日刊スポーツが「夏目と有吉熱愛・すでに妊娠」とスクープしたのである。

   本来なら慶事であるはずだが、なぜか田辺社長は激怒し、週刊新潮によると「各局の担当者に対し、『日刊の記事には1秒も触れるな』と厳命」したというのだ。そのためテレビで2人の熱愛について触れる局はなく、日刊スポーツは翌日も報じたが、<その他のスポーツ紙は単に、「事実無根」「事務所が否定」としか書かなかった>(週刊新潮)

   ドンの威光はあのジャニーズ事務所をも上回ったというのである。報道を規制したばかりではなく、ドンは日刊スポーツ側への法的措置も検討しているといわれ、週刊文春でTBS関係者が、「(ドンは)こっちは医師の診断書を出してもいいんだ」とまでいっていると報じている。

   ここまで田辺社長が怒るのは、他人が羨むほど夏目を溺愛しているからだという。<大社長の入れ込みようは現場でも話題になった。開始当初(「あさチャン!」のこと=筆者注)、二人が手をつないでTBSへ来たのを目撃されたこともあった>(週刊文春)そうだ。このドン、52歳の時、所属タレントで15歳下の小林麻美と結婚しているように、年下を可愛がる性分なのかもしれない。

   スクープした日刊スポーツ側は報道内容に自信を持っているようで、一歩も引く構えは見せない。当の有吉は週刊文春の直撃に「何も無いんです、本当に。全部誤報」と全否定している。

   そこに9月1日付のスポニチが「夏目三久 熱愛、妊娠報道を完全否定」と夏目の電話独占インタビューを掲載したのである。夏目はこう語っている。「事務所にも私にも取材せず電話の一本すら入れていないあのような記事は信用され、事務所が事実無根と言っても信じてもらえない。でも、もうはっきり言わせていただきます。このままでは自分の気持ちが壊れてしまう。記事に書かれているような事実は一切ありません。誰も信じてくれなくても、もう一度言います。事実ではありません」

   週刊文春、週刊新潮の報道を読む限り、夏目が有吉と付き合っていたことは事実のようだ。だが、妊娠の事実も、結婚して番組を降板するというのも、本人がここまで否定しているのだから、ないのかもしれない。

   ここからは邪推だが、寵愛する自分の事務所の所属タレントが男と交際するのを許せないドンが、すべてをなかったことにしようと親しいテレビ、スポーツ紙を抱き込み、夏目や有吉にも口封じしたのだろうか。真相は藪の中である。週刊文春で夏目が子どもの頃に離婚した父親が、娘を気遣ってこういっている。「あまりチャラチャラ、ああいう世界にいない方がいいかなと思います」。私もそう思う。

「豊洲市場移転延期」安倍首相VS小池都知事に発展?オリンピック道路建設邪魔するな

   小池都知事は11月7日(2016年)に予定していた築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転時期を延期することを決めた。豊洲市場の土壌の安全性確認などが不十分と判断したからだという。

   週刊文春は五輪予算が当初7300億円だったのが2兆円にまで膨らんでいる裏で、都議会のドン・内田茂都議とその関係企業が甘い汁を吸っていると追及している。以前から問題にしている内田氏が役員を務める東光電気工事(千代田区)は、有明アリーナの受注のとき、竹中工務店とJVを組んで入札したが、鹿島建設のJVの価格よりも9億円以上高かったにもかかわらず、技術点で満点がつき7点近くの差をつけて「逆転落札」に成功したという。

   建築エコノミストの森山高至氏は、技術点で7点もの差がつくこと自体が非常に珍しく、しかも技術審査委員5人のうち2人は都財務局幹部なので、普通なら価格点を重視するはずなのにと疑問を呈する。

   同じように、築地移転の総事業費も09年時点の約4300億円が約5900億円に膨らんでいる。小池都知事はこの金額も精査するといっているが、築地が移転しないと、五輪の時に晴海選手村と新国立競技場を結ぶ「オリンピック道路」建設に支障が出る恐れがあるそうだ。

   そうなると相手は内田都議だけではなく、東京五輪に前のめりな安倍首相とも事を構えることになりかねない。小池都知事の『覚悟』をとっくり見せてもらおうではないか。

山本幸三大臣 逃げ切れそうもない国会追及!証券取引等監視委員会の調査に圧力質問

   週刊文春と週刊新潮がともに山本幸三地方再生大臣の過去の「国会質問」に問題ありと追及している。週刊新潮のほうが詳しい。山本大臣は大蔵官僚から政界入りし、衆院当選7回でやっと大臣ポストを射止めた。アベノミクスの熱烈な支持者で、安倍首相のお気に入りだそうだ。

   簡単にことの経緯を記そう。三井住友銀行から日興コーディアル証券に出向していた吉岡宏芳投資銀行副本部長(55)が、横浜にある金融会社の加藤次成社長(71)に自分の知り合いへの融資を依頼し、2000万円から5億円の融資がなされたが、暴力団と関わりのある人間ばかりで、ほとんどが焦げ付いてしまったという。

   加藤から追及された吉岡は、その代償としてインサイダー情報を流したのだ。2011年、SESC(証券取引等監視委員会)が調査に乗り出し、告発を受けた横浜地裁が摘発して吉岡と加藤が逮捕された。吉岡は上告中だが、加藤は一審で懲役が確定している。

   SESCが調査している渦中の12年3月5日、衆院予算委員会第一分科会で山本議員はSESCのやり方を批判する質問を行ったのである。自分の知り合いに証券会社の部長(吉岡のこと)がいる。インサイダーの疑いでSESCに強制捜査を受けているが、彼は一切知らないといっている。それなのにいつまでも結論を出さない、本人を追い詰めて自白に持っていこうとする「監視委員会というのはある意味で本当に必要なのかというようにも思ってきていまして」、「これから私は監視委員会のあり方についてじっくり検討していきたいと思っています」(山本議員)

   SESCに対する明確な圧力発言である。しかもこの質問は、吉岡が山本議員に頼んだというのだ。呆れ果てた話である。それ以外にも、吉岡被告との関わりでファンド会社の代表取締役にもなっていたのだ。SESCは当然、こんなアホ議員のいうことは聞かず2人を告発した。この問題は国会で追及されることになるはずだが、山本デージンが逃げ切るのは難しかろう。

安倍政権の足元揺るがす「菅官房長官・二階幹事長」暗闘!ミニ角栄に官邸警戒

   週刊ポストが「菅義偉官房長官VS.二階敏博幹事長 安倍政権史上最大の暗闘が始まった」と報じている。筆者はノンフィクション・ライターの森功氏。安倍首相にとっては頭の痛い秋になりそうだ。

   谷垣禎一幹事長が自転車事故で倒れるまでは、谷垣官房長官、菅幹事長というバーター人事で決まっていたという。菅は幹事長として自民党の若手を手なずけポスト安倍を狙っていたのだが、谷垣の事故でシナリオが大きく崩れてしまった。

   また、二階氏は長老で、自民党内で唯一、安倍や菅にものを申せる実力者である。二階が率いる派閥「志帥会」は自民党を離党した3人の無所属議員を含めて衆参40人の大派閥である。運輸・建設業界との太いパイプを築いてきたし、創価学会・公明党にも顔が利く。それだけに、これまで官邸サイドは二階の台頭を警戒してきた。安倍政権発足後、二階は幹事長ポストを希望してきたが、これまでそこにつけなかったのは官邸サイドの警戒心の表れだったようだ。

   二階は「ミニ田中角栄」と異名を取る老練な政治家でもある。対中国や対韓国政策では安倍政権とまったく政治姿勢を異にするが、表向き敵対姿勢は見せない。しかし、菅とは折り合いがよくないそうだ。二階は菅がやってきた沖縄問題を、腹心の鶴保庸介参議院議員にやらせるよう担当大臣に押し込んだのだ。その鶴保氏は女性問題で窮地に追い詰められているが、二階はどこまで庇うのであろうか。

   菅も9月以降は天皇の生前退位に伴う皇室典範改正や特別立法の作成を担わなくてはならない。権勢を誇る菅に二階がどう挑むのか。こちらも見物である。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中