2019年 11月 21日 (木)

テニス全米オープン「大坂なおみ」世界のトッププロが恐れる超高速サーブ201キロ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   テニス全米オープンで錦織圭選手は3回戦に進出したが、18歳の大坂なおみ選手も初の大舞台で快進撃を続けている。女子シングルス2回戦が31日(2016年8月)に行われ、中国の段選手に6-4、7-6でストレート勝ちして3回戦に進んだ。

   今年はいずれも初出場ながら全豪、全仏でも3回戦に進出し、現在、世界ランキング81位だ。

セリーナ・ウイリアムズ「なおみはとても危険」

   最大の武器は身長180センチから繰り出す超高速のサーブで、世界ランク1位のセリーナ・ウイリアムズ選手から「大坂なおみはとても危険」とマークされるほどの存在に成長した。1回戦では201キロの超高速サーブを記録。錦織の最高が204キロであることを考えるといかに早いかがわかるだろう。

   大坂はアメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、テニスを始めたのは3歳から。コーチはアガシ(元世界ランク1位)の本やビデオを見て独学で覚えた父のレオナルドさんだった。母の環さんは「近くにはコートがなく、家の中で、スライドのドアを外して横に立てかけてネットを作りやっていた」という。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中