傍若無人「撮り鉄」にブチ切れた駅員「よくやった!」ネットには支持書き込み

印刷

   東京・日野市のJR豊田駅で、列車を撮影するファン、いわゆる「撮り鉄」のマナー無視で列車が動けず、駅員がブチ切れて怒鳴った。先月30日(2016年8月)、懐かしい「115系車両」が廃車・解体のために高崎から長野へ回送される途中に豊田駅を通過するとあって、「撮り鉄」約30人が集まった。駅の指示に従って通過する車線の反対側ホームで待ち構えていたのだが、そのホームに電車が入ってきてしまった。これでは「115系」を撮影できない。通過時間も迫ってきた。

   このため、「撮り鉄」の半数がホームの先端まで移動して、ホームから身を乗り出したため、今度は停車中の電車が発車できなくなった。なんとか電車は発車できたが、赤旗を手に駅員がぶち切れた。「ルールを守れないなら、やめてくれよ。なんなんですか、本当に!」

   背後の対向ホームをちょうど「115系」が走り抜けている。撮り終わった「撮り鉄」がぞろぞろと引き上げ始めている。カメラ機材や大きなザック、脚立を持った者も1人や2人ではない。駅員はさらに「黄色い線から出んな。下がれ!」と叫んでいる。

   この動画がネットに載せられると炎上した。「罵声飛ばした駅員を解雇しろよな」「客に向かっていい度胸してんなぁ」と鉄道マニアらしき書き込みもあるが、「駅員はすごく頑張ったと思うよ」「管理者でもある駅員の指示に従うのが筋」と撮り鉄を批判する声が多い。

指示に従わないマニアは鉄道営業法違反、軽犯罪法違反、往来危険罪

   「撮り鉄」のとんでもない行動はいたるところでトラブルを起こしている。撮影に邪魔だからと線路脇の防護杭を抜いたり(福島)、菜の花畑が踏み荒らされたり(栃木)もある。なんともひどいもんだ。

一部のファンのために

   石原良純(タレント)「ひどいのがいると、ファン全体に迷惑が及びますよね」

   住田裕子(弁護士)「(駅員は)その前にいろいろ注意した末なんでしょうね」

   住田によると、こうした行為は鉄道営業法違反(罰金1万円)、軽犯罪法違反(拘留、罰金)、往来危険罪(2年以上の懲役)に抵触する恐れが強いそうだ。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「怒鳴るだけのことがあったんでしょうね。(撮り鉄の)なにが面白いのかわからない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中