千葉・流山でびっくり!コーヒーにみりん?スイーツにみりん?名産地の裏メニュー

印刷

   「JAPA NAVI」コーナーで、渡辺徹(俳優)と田中洋行アナが埼玉との県境の千葉県流山市を案内した。東京から27分の通勤圏でありながら、自然や古民家のあるしっとりとした町だ。流山は昔からみりんの産地として知られ、それだけにちょっとびっくりの使い方があった。

渡辺徹「甘味が深くってまろやかになっています」

   酒屋三代目の金子巌さんの「かごや商店」を覗くと、ブラックのコーヒーにみりんを入れているではないか。ためしに飲んでみた渡辺徹は「うんまい。甘味が深くって、コーヒーがまろやかになっています」と驚く。次にみりんをオンザロックで飲んでみると、「麹の味まで伝わってきて、こんな美味さは初めてです。いや素晴らしい」

   みりんをシロップに使うカフェもある。秋元由美子さんが経営する蔵を改造したカフェ「蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)」では、スイートポテトにみりんのシロップが掛かる一品を出してくれる。このシロップを舐めさせてもらうと、「小さいころ食べた飴の味だよ、これ」(渡辺)

   スタジオには、チーズをのせたお餅にみりんシロップが掛けたスイーツが持ち込まれた。

   柳澤秀夫キャスター「これ、絶対にみりんだとは思わないよ」

   ゲストの城之内早苗(歌手)「蜂蜜よりあっさりしていて、うん、美味しい」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中