南果歩「何のためにこんなに辛い治療をやってるのかと、時折、心が折れそうになります」

印刷

   女優の南果歩が9月7日(2016年)、乳がん治療のつらさをツイッターに書いた。8月24日に「長い長い放射線治療が、本日終わりました!」「何のためにこんなに辛い治療をやってるのか分からなくなり、時折、心が折れそうになります」という。

   がん治療経験者から寄せられた「やっぱり色々副作用ありますよね」というツイートに、「皆さんが辛い顔を見せずに頑張っている様子を知ると、本当に勇気が湧いてくるのです。ありがとう。私も頑張ります」と返した。

   現在の病状については、「おそらく服用しているフェマーラの副作用で血圧が上がってしまいました。先生に自己申告し、今は服用を止めてます。朝夕、自宅でも血圧をチェック」と話す。「自分の身体は自分で守りましょう。自分に合った治療法を探し求めるのが、今は一番大切!治療の主人公は私達患者だから」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中