錦織圭「全米オープン」優勝見えた!強敵マリーに競り勝ちベスト4

印刷

   きょう8日(2016年9月)未明に行なわれたテニス全米オープン男子シングルス準々決勝で、錦織圭選手はリオ五輪の金メダリストのアンディ・マリー(イギリス)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5で破り、2年ぶりにベスト4に勝ち進んだ。

10日午前4時に準決勝

   司会の加藤浩次「調子は良かったんですか」

tv_20160908125350.jpg

   元プロテニスプレヤーの杉山愛が次のように解説した。

   「最初はなかなか入らなかったのですが、尻上がりに4セット目、5セット目で相当フィーリングがよくなりましたね。相手の頭を抜くロブなどわくわくさせてくれるショットが多く、フィジカル面で本当に強くなっている印象です。 マリーは優勝候補の筆頭にあがっていた選手で、そのマリ―に実力で競り勝ったことで自信になるし、試合後に大喜びすることなく、次があるんだという雰囲気もあったんで、準決勝が楽しみ」

   準決勝は、スタン・ワウリンカ(スイス)とリオ五輪銀メダリストのファンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と日本時間10日午前4時ごろから対戦する。ワウリンカには7月に勝っているが、対戦成績は2勝3敗で負け越し。デルポトロとは0勝4敗だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中