2018年 9月 24日 (月)

移転どころでなくなった「東京・豊洲新市場」汚染対策やってなかった!生もの扱う足元

印刷

   小池百合子・東京都知事はおととい10日(2016年9月)に緊急会見して、築地市場の移転先である豊洲新市場で、汚染対策のための盛り土が一部で行われていなかったと発表した。水産仲卸売場棟、水産卸売場棟、管理施設棟、加工パッケージ棟、青果棟の地下で、主要建物の下はすべて空洞だった。移転どころではなくなりそうだ。

「盛り土4・5メートルでフタ」のウソ

   豊洲はもともと東京ガスの工場跡で、2008年には環境基準値の43000倍ものベンゼンや有害物質が検出された。このため、都は11年から約850億円をかけて、地下2メートルまで土壌の入れ替え、2・5メートルの新たな盛り上をしてコンクリート・アスファルトで固めることになっていた。4.5メートルの土を盛るから安全だというわけだ。

もっと何か隠してる

   ところが、今月7日、共産党の大山とも子都議が視察して、新市場の建物の下が空洞になっていることを目にした。卸と仲卸の建物の地下だが、「コンクリートの床には水が溜まっていた」という。大山都議は青果棟の下も見たいと要求したが、「酸欠になるかもしれない」と見せてもらえなかったという。青果棟の床下はコンクリートではなく砕石のままだというから、見せたくない何かがあるのだろう。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「溜った水が濁っているのは嫌だなあ。濁るはずないんだから」

   建築エコノミストの森山高至さんは「この床のコンクリートは、いわゆる捨てコンクリートといって、駐車場の舗装みたいなものです。地下室の床じゃありません。床下が空いている」という。

   空洞について都は「配管や排水設備のため」という。しかし、空洞の高さは4.5メートルもある。いったいどんな配管を通そうというのか。多分、本当の理由は違うのだろう。安全性について、都職員は「建物の床のコンクリート(空洞の天井)を厚さ40センチにしたので安全」と説明しているが、空洞にすることについては、当時の豊洲市場建設のための専門家会議に確認しなかったという。その専門家会議の平田座長は「寝耳に水。このままでは施設として使えず、再検証が必要」と話している。

移転は無期限延期か

   仲卸業者は「最小限の信頼関係が損なわれた」「今の気持ちは『またかよ!!』だね」という。知事の移転延期方針を批判している推進派業者も、「誰が決めてやってきたのか。都に説明を求めて抗議したい」と怒っている。

   森山「全部に盛り土があるのが前提です。それをなしで済ませたのはなぜか」

   玉川「都が言ってることが信用できない。来年1月に出る検査結果だって・・・」

   司会の羽鳥慎一「食べ物を扱うところですからね」

   小池知事に徹底的にやってもらうしかない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中