マラソン襲撃のキイロスズメバチ 巣駆除!業者「115人の仇うってやった」

印刷

   日曜日の市民マラソンでランナー115人がキイロスズメバチに刺された岐阜県飛騨市で、きのう13日(2016年9月)、「巣の駆除作業が行われました」(司会の夏目三久)

   マラソンコース途中の橋の下にサッカーボールの2倍はある茶色い巣が垂れ下がっていた。

秋は女王蜂交代シーズン

   白い防護服をすっぽりかぶった完全防備の作業員が、まず長い棒の端につけた粘着テープで巣の周囲を飛ぶハチを捕え、ネットで巣を覆って殺虫剤をかけた。巣が重すぎてネットをつけた竿が曲がったが、取り除くことができた。

大きな巣でした

   業者は「なにしろ橋のまん中の下にあったから、足場がないので不安定でした。とにかく115人の仇をうってやったぞ」と笑って作業を終えた。

   秋は女王蜂の交代シーズンで、ハチは興奮状態という。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中