仮面女子・神谷えりな「内斜視の再発で11月に再手術。挑戦できる間は諦めない」

印刷

   女性グループ「仮面女子」の神谷えりなは9月14日(2016年)、開散麻痺という内斜視の病気を再発したとブログで告白した。「約1年前に手術をして成功して、私は生きる世界が変わった!と凄く感動し、ファンの皆さんも喜んでいただけました」「しかし最近、手術前の斜視のあの感覚がまた戻ってきたのです」という。

   この病気にかかると、ステージ上でどこに立っているか分からず、直進することすらできないため、一時は引退しようと考えた。だが、「どんな時でも暖かい言葉をかけてくれる皆がいました」「いっつも暖かい言葉をかけてくれる皆の顔がどんどん浮かんできました」として、11月に再手術を受けると決断したそうだ。

   「もしかして可能な回数の最後の手術になるかもしれない、そしてまた再発したらその時はもう二度とステージに立てないかもしれない」が、「治る見込みがあり、挑戦できる間は諦めないでいこう」と決めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中