「串カツ田中」創業8年で上場!料理人いらない「1点もの」チェーン好調

印刷

   「串カツ居酒屋チェーンが、異例のスピードで東証マザーズに株式を上場しました」と司会の夏目三久が取り上げた。2008年に創業し、全国に126店舗を展開する居酒屋チェーンの「串カツ田中」はきのう14日(2016年9月)に東証マザーズに株式を上場し、4425円の初値がついた。

   1本100円からという手頃な価格で串カツを提供し、大手居酒屋チェーンが軒並み苦戦するなかで8年で上場を果たした。

アルバイトでも調理できる

異例のスピード

   串カツはアルバイトでも調理できるため、料理人を確保する必要がなく、店舗を一気に増やすことができた。業界では串カツや焼き鳥などに特化した「1点もの」で勝負する店が売り上げを伸ばしている。

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中