2018年 6月 20日 (水)

サンマが獲れない!獲りに行けない!相次ぐ台風で出漁中止や海水温上昇

印刷

   例年ならこの時季、安いもので1匹100円が相場のサンマが、東京都内のスーパーではきのう19日(2016年9月)は120円だった。墨田区のスーパー店長は「量が獲れなくなっていて、値上がり状態がつづいています」と話す。20%前後高くなっているという。台風が次々と接近・上陸して漁に出られなかったり、海水温が高くてサンマが寄って来てないためだ。

これから旬の養殖カキも大きな被害

   秋サケも漁場が荒れ、今月5日の札幌中央卸売市場の初競りではキロ平均でメスが1400円、オスが1200円と平年より20%ほど高かった。

秋の味覚が・・・

   宮城県では収穫時期を迎えたカキの80%が被害を受けた。東日本大震災から立ち直りかけたところへ台風の直撃を受けた。養殖事業を28年やっている東松島市の渡辺茂さんは「ようやく落ち着いたばかりです。被災から5年目で何とかという感じでした。台風はもううんざり」と語った。

   司会の夏目三久「徐々に復興してきたときに台風が来たという感じですね」

   牧嶋博子(TBS解説室長)「海が穏やかなことを前提に養殖するわけで、これだけ台風が来た経験はないので、どう対処していいかわからないのが現状です。家計への影響もすごく心配です」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中