小堺一機「ごきげんよう」31年間の通算ギャラは20億円!高いのか、安いのか・・・

印刷

   タレントの小堺一機は19日(2016年9月)放送の日本テレビ系バラエティー「しゃべくり007」(月曜よる10時)に出演して、今年3月まで31年間続いた「ごきげんよう」(フジテレビ系)の裏話をしゃべった。トークのヘタな芸能人が相手のときはどうするかなどの苦労話が続いた後、MCの上田晋也がブラック質問箱から取り出したのは、「ごきげんようでいくら儲かったの?」というものだった。

   小堺は「31年ですからねえ」と戸惑っている。上田は「ご自分でもわからないでしょう」と助け舟を出すと、「はい。いや、わかりますけど。家を建てたり、子供を学校に行かせたり、好きなものを買ったりしてきたわけですから・・・」

   上田「想像つかないね」

   小堺「通算で20億円くらいですよ」

   一瞬、スタジオが静まり返ったが、これは多いということなのか、案外少ないということなのか・・・。1年にすると約6500万円ということで、月曜から金曜まで毎日の番組のギャラとしては少ないようにも見える。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中