2018年 6月 18日 (月)

道端アンジェリカ「足首骨折で手術すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」

印刷

   骨折で入院していたモデルの道端アンジェリカは9月20日(2016年)、3時間半に及ぶ手術を無事に終えたとブログで報告した。「すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」と感謝し、掲載した写真では、ベッドに横になりカメラにピースサインを向けている。

   アンジェリカは17日、「私事ではありますが、昨日私の不注意で転んでしまい、足首の脱臼と三果骨折とゆう3箇所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです」とブログで明かした。18日のファッションショー「関西コレクション2016」に出演するはずだったが、「出演ができなくなってしまいました。楽しみにしてくださっていたファンの方、ならびに関係者、スタッフのみなさまにはたくさんのご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪した。

   その後は見舞いに来てくれた姉妹や友人と写真を撮ったり、見舞い品の花束などを紹介したり、「入院あるあるでしょ。(笑)」とクロスワードパズルに打ち込んだりして手術日を迎えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中