桑子真帆アナ代って何より・・・不快だったわざとらしい笑い転げ!タモリに媚び過ぎ
<ブラタモリ 高尾山>(NHK総合)

印刷

   1度筆者も登ったことのある高尾山だったので見た。知らないことが多くて面白かった。まず、500メートルちょっとの高さなのに、首都圏に近いからか、日本一登山者が多い山とは知らなかった。次いで、この山の樹木が道を挟んで明らかに濃く深い緑の木で覆われた暗い側と、薄い若草色の葉っぱで覆われた明るい側に分かれていることは、映像ではっきりと示されたので「ホホ―」と感心した。

   高尾山の主みたいなウンチクおじさんが次々と出てくるが、みんな、NHKの総合テレビに映されるというので張り切っていておかしい。庶民はそんなにテレビに出たいのか。ま、それはいいとして、タモリにくっついている女子アナが桑子真帆アナから代わって何よりだった。桑子のわざとらしい笑い転げが嫌で、筆者はこれまでなるべくこの番組を見なかったのだ。アナは媚びなくてよろしい。

   戦国武将との関係を示す古文書の開陳や、地質の説明や、例によっていろいろと学術的(?)な色付け。この日は曇っていたので富士山は見えなかったが、即座に富士山の絵が描かれている背景でパチリ。スタッフは相当何度も出かけて下調べをしていると見える。タモリは首まで芸能人だが、早稲田出身のインテリ。だから、旅バラエティが陥るけたたましい芸能色がなくてよい。民放だと下品なお笑いタレントが傍若無人に走り回るのでうんざりする。そういう意味では、NHKらしい教養バラエティ旅番組として評価できる。(放送2016年9月17日19時半~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中