「近ごろスキャンダルも小粒。あんなの昔は勲章だった」大御所プロデューサーの嘆息

印刷

   近所のカルディーで店内で提供されるコーヒーがアイスからホットに代わっていた。ああ、季節も変わったんだなと実感した、2016年ももう残り3か月になったけれど、まだまだ出てくる芸能人の下半身事情報道。さすがに食傷気味かと思うけど、結局、視聴者や読者の食いつきがよくって、しばらくはワイワイと報道を楽しんでいる感じだ。

「芸能界は兄弟姉妹だらけなんだから、咎める人なんていなかった」

「昔はそんな話を表ざたにするようなことはなかったのにねえ」

   業界歴が長い女性プロデューサーがため息をつきながら、ある日そう言った。話題になった渦中の人物とも当然接点を持っているようなキャリアの持ち主の女性だ。女史は今の芸能界のスキャンダルはスケールが小さくてつまらないという。世間をにぎわしているスキャンダルは、数十年前ではスキャンダラスなことではなく、当たり前として受け止められていたそうだ。

「だってさあ、そんなこと言いだしたら、芸能界は兄弟姉妹だらけなんだから、咎める人なんていなかったし。それに、自分が売れるためにはみんな平気で身体を差し出していたし、それが普通だと思っていた節あったもんねえ。あの人と? みたいな感じで男も女も勲章にしていたのに」

   そう言われてしまうと、なんとも豪快な時代だ。今は芸能人の発言が炎上するするように、視聴者が芸能界にコミットしている。よく考えれば、ショービズに浮いた話が出ない方が恐ろしい。

「そんなお行儀がいいショービズなんてつまらないに決まっている。もっとスキャンダラスらしいスキャンダルが出てくれば面白いのに、とは言えないけれど・・・。最近ちょっと弱くなってきちゃったの。年かしら」

   女史は弁解しながら、何杯目かのワインを飲みほしていた。

テレビマンも「今なら絶対に逮捕されちゃうような遊び」

   そう、これは制作陣にも言えるかも。これまた業界歴の長い別のディレクターは体験談を話してくれた。

「昔はもっとみんな遊んでいたよねえ、今なら絶対に逮捕されちゃうような遊びをね。酒、金、薬、女、すべての欲望を叶えてくれるような遊びが、昔は蔓延していから

   ストレスを発散できるけれどトラブルも多かったんだそうだ。AD時代ぐらいから、遊び方や何かあった場合のもみ消し方、その双方を社会勉強という名目で先輩から教わっていたらしい。職場では人間扱いされないような仕事をしているけれど、仕事が終わればめくるめく世界を先輩が教えてくれる。アメとムチがちゃんとあったわけだ。

   そんな時代だったら、仕事へのやる気やモチベーションも保てそうで、離職率は低そうだ。今はムチしかないようなものだものなあ。これじゃあ若い子がポイポイ辞めていっちゃうのもわかる気がする。「オレは早く生まれて得したな」と、どこか遠い目をしながら言っていた氏の姿に少しだけ嫉妬した。

   こういう話って、お酒の席でしか聞けないんだよなあ。昔と今を比較してもしょうがないし、どうやら昔の方が面白そうなんだけれど。あと数十年この業界にいたとして、自分の職歴よりも若い世代にいったいどんな話ができるんだろう。グラスを傾けながら、あの頃はよかったんだよおと言っているのだろうか。テレビ業界という斜陽産業でそんな話ができるかどうかも微妙なんだけれども。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中