東京五輪・パラ新施設の建設中止を検討!東京湾岸3会場だけで予算3倍に水膨れ

印刷

   「東京五輪・パラリンピックの新施設を建設中止することもあり得るというコスト削減の提案。大きな影響を及ぼす事態になりそうです」とキャスターの菊川怜が伝えた。

   東京都の都政改革本部の調査チームはあす29日(2016年9月)、五輪開催費用について抜本的な見直しを提言する予定だ。対象となっているのは、バレーボール会場「有明アリ―ナ」、水泳会場「オリンピックアクアティクスセンター」、ボート・カヌーなどの会場「海の森水上競技場」の3施設だ。

「海の森水上競技場」69億円のはずが491億円と7倍

   とりわけ、海の森水上競技場は整備費用69億円から491億円に大幅に増額している。小池百合子知事が9月1日に現場を視察し、「費用が7倍に膨らんでいるという現状です。都民に納得してもらえるかどうか」と語ったいわくつきのところだ。

tv_20160928132442.jpg

   有明アリーナは176億円から404億円、五輪水泳センターは321億円から683億円と膨らみ、3会場で計566億円から1578億円と3倍近く増えている。これだけ費用がかかるなら、他の場所で競技してはどうかという案も出てくるのは当然だ。たとえば、有明アリーナは横浜アリーナへ、海の森水泳競技場は宮城県登米市の長沼ボート場へ、五輪水泳センターは東京辰巳国際水泳場へ、というわけだ。

東京周辺の競技場・施設に分散して安く上げろ

   司会の小倉智昭「なるべく節約してほしいですね。東京周辺には世界選手権もできそうな競技場はいくつもあります。全体を洗い直して、考えてみたらどうなんでしょうか」

   キャスターの梅津弥栄子「時間は大丈夫なのでしょうか」

   小倉「だって、工事は始まっていないんだから。まだ更地のところもあるんだから」

   豊洲市場も大変だが、五輪問題も容易ではない。きょう28日から都議会が始まる。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中