マナー悪い喫煙者を成敗!消火器持ち歩いていきなり噴射「火を消せ」

印刷

   マナーの悪い喫煙者を『成敗』する動画がYouTube(ユーチューブ)に公開され、1週間ほどで約200万回の再生数を記録している。タバコの「火を消す」ために立ち上がったのは、フランスのイタズラ・ドッキリ動画家のレミ・ガイヤールだ。

   「FIREFIGHTER」(消防士)に扮し、消火器を手に、まず海辺に寝そべってタバコをふかす女性に消火剤を噴射。バス停でタバコをポイ捨てした男性に噴射。自動車内でタバコをふかす男性に向かっても、勢いよく噴射して車内を白い煙で覆った。

反撃食らって逃げながらもまだ噴射

   ガイヤール動画のお約束として、イタズラした相手に「反撃」をくらうというのがある。今回も例にたがわず、バス停の男と自動車の男はつかみかからんばかりに向かってきたが、ガイヤールは逃げながら消火剤を噴射して懸命に防戦していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中