100年ぶりに新種クリオネ発見!体長8ミリの極小・・・「あさチャン!」撮影成功

印刷

   「およそ100年ぶりに発見された新種のクリオネ。『あさチャン!』が世界で初めて泳ぐ姿の撮影に成功しました」と宇垣美里アナは興奮気味だ。クリオネは羽根のようなものを動かしながら泳ぐことから「流氷の天使」と呼ばれるが、オホーツク海で発見されたものが新種「クリオネオホーテンシス」と認定されたという。クリオネの新種が見つかったのは100年ぶりだそうだ。

   クリオネオホーテンシスは最大8ミリほどで、一般的なクリオネの3センチと比べるとごく小さい。体型はややぽっちゃり気味で、ずんどうな身体を一生懸命前に進めようと羽根のようなものを動かしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中