毎日オニオンスライス食べる淡路島!甘み強いたまねぎ特産「水にさらしちゃ絶対ダメ」

印刷

   「JAPA-NAVI」コーナーで福田彩乃(タレント)が淡路島を訪ねた。この地の名産物にたまねぎある。兵庫県は生産高で全国3位で、そのほとんどが淡路島産なのである。北海道産などと比べると辛み成分が少なく、甘みが強いのが特徴で、それだけにオニオンスライスにはうってつけだ。さすがに産地ならではの調理法があった。

   たまねぎ農家の濱田哲司さん・厚子さん夫婦は毎日たまねぎを食べる。「必ずオニオンスライスです。でも切り方で辛みが残らない方法があります」という。繊維に対して垂直に切るのだ。細胞が早く壊れて辛み成分が揮発しやすいのだという。「甘い、辛みがまったくありません」(福田)

秋はバットに広げて5時間

   スライスした後に水にさらしたりしない。バットなど平たい容器に広げるのだという。「水にさらすと、タマネギの一番美味しい成分を水に捨てることになります。空気にさらすことで辛み部分を飛ばすのが一番。春の収穫期はそれ程さらさなくていいけれど、夏が過ぎたいまの時期なら、広げて5時間で完璧です」(厚子さん)

   ゲストの六角精児(俳優)「そんなに待てない時はどうするの?」

   三郷三穂子アナ「厚子さんは、夕食後に翌日の仕込みをしています。甘いタマネギを食べる為に」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中