女子ゴルフ頂点に高校2年17歳!畑岡奈紗「最年少・初アマ」ベテランプロ顔色なし

印刷

   「すごい人が出てきました」と司会の羽鳥慎一も目を丸くしている。女子ゴルフのメジャー大会「日本女子オープンゴルフ選手権」の最終ラウンドがきのう2日(2016年10月)に行なわれて、高校3年生17歳のアマチュア選手である畑岡奈紗が優勝した。もちろん過去最年少だ。アマチュアの優勝も初めてである。

   「(今後は)周りのかたに感謝の気持ちを忘れずに、頑張っていきたいです」と畑岡は語っている。

急速にレベルアップ!10代の女子アマチュア

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「日曜日の朝の時点では、15歳の子がいきそうっていうことでしたよね。だから、その子も上位にいるわけでしょ。何なんですかね。プロの力が落ちてるんですかね。アマが上がってるんですか。どっちなんですかね」

tv_20161003145039.jpg

   10位までに、畑岡のほかにも西村優菜(16)、長野未祈(15)と10代のアマチュアが3人も入っているのだ。

   石原良純(タレント)「やっぱり、アマチュアの技術が上がってきてるんですよ。プロと紙一重のところで戦ってるっていう。宮里藍ちゃんのあたりから女子のジュニアのレベルが上がってるんですね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中