NGT48北原里英「モテキの大根仁監督がお返事下さった!SCOOPめちゃくちゃ面白かった」

印刷

   新潟県を拠点とするグループNGT48の北原里英が、映画「モテキ」「バクマン。」などで有名な大根仁監督とツイッターで会話を交わしている。10月1日に公開された大根監督の最新映画「SCOOP!」について、北原が「めちゃくちゃ面白かったです」と監督に送ったからだ。

   「SCOOP!」は、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンや記者たちの姿を描いた映画だ。1985年製作の原田眞人監督・脚本の映画「盗写 1/250秒」が原作となっており、福山雅治が主演を務めた。監督は5日、「映画『SCOOP!』、男性客にはピカレスクロマンを、女性客には『プラダを着た悪魔』的な仕事女子頑張れムービーを、さらにお仕事映画やアクション映画や恋愛映画の要素もぶち込んでます。『泣いた』っていう感想もたくさんいただいております」とツイッターで宣伝した。

   北原が「scoopめちゃくちゃ面白かったです!最高に興奮したし最高に感動しました。エンドロール前、福山さんがカメラを向けてきたとき、ふいになんかいい顔してしまいました。笑 大根さんの作品だいすきです。これからも楽しみにしてます( ^ω^ )!」と送ると、「北原さん、ありがとう」と返信してくれた。北原は「大根さん、お返事くださってました!嬉しいなあ~ 大根さんの撮る女優さんはとっても"綺麗"なのに"可愛い"くて。憧れます いつの日か一緒にお仕事できるように、自分を磨いていくぞお~う」と喜んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中