東京都「盛り土インチキ議事録」こっそり公開!技術会議で検討されたかのように捏造

印刷

   豊洲新市場の盛り土問題で、東京都が当時の「技術会議」に責任をなすりつけようとしている疑いがあることが「モーニングショー」のスクープで分かった。

   問題となっているのは、2008年12月25日に開かれた第9回技術会議の「技術会議が独自に提案した事項」という資料だ。この日の会議では「会議録」「目次」「選定する技術・工法」など複数の資料があって、約2か月後の09年2月16日から17日にかけて東京都のホームページで公開された。

   しかし、「技術会議が独自に提案した事項」だけは、この9月16日(2016年)にこっそり追加公表されていた。そこには「建物下に作業空間を作る必要がある」と書いてあった。

初めから地下空間ありきでアリバイつくり

   どういうことか。技術会議メンバーの長谷川猛氏(都環境科学研究所所長)がスタジオで怒りをぶちまけた。「この資料は、当時、東京都が勝手に作ったもので、技術会議ではまったく検討してないんです。内部調査の過程で、まさか『自分たち(東京都)が決めた』というわけにもいかないから、この資料を利用したんだと思います。多分、その前から地下空間を作ることが決まっていたのに、どこかでアリバイを作らなければならない。そのアリバイ作りに技術会議が利用されたと思ってます」

公文書偽造だよ

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「これ、公文書偽造とかにはならないんですか」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「いや、偽造にはならない。だって、当時、本当に作られたものだから。姑息ですよね。何も法律にも違反してないし、嘘でもないけれども・・・」

   吉永みち子(作家)「つまり、独自の提案をしたのは都なんですよね。だとしたら、技術会議も専門家会議も存在を否定されちゃってる。会議の方々はもっと怒ってもいいんじゃないかと思います」

   司会の羽鳥慎一「本当に頭がいい。凄いです」

元技術会議メンバー「われわれに責任を押し付けようとしてる」

   「モーニングショー」が東京都になぜこの時期に追加公開したのが聞いたところ、「個々の質問にはコメントを差し控える」との返答だった。

   長谷川氏「正直言うと、こういう報告になることは知らされてなくて、もうやんなっちゃった。われわれに責任を押し付けて、自分たちは関係ないよとなってる。もう怒りを通り越して呆れてます」

文 ビレッジマン/似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中