朝ドラ「べっぴんさん」にマッサン・シャーロットが戻ってきた!進駐軍の妻役

印刷

   NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に2年前の朝ドラ「マッサン」で主役を演じたシャーロット・ケイト・フォックスが20日(2016年10月)から出演する。

   日本は戦争に敗れ、神戸に進駐してきた連合軍の通訳の妻で、妊娠中という役だ。ヒロインの板東すみれ(芳根京子)と知り合い、日本には子供服が少ないことを心配し、それを知ったすみれが子供服つくりに踏み出すきっかけを作る。

   シャーロットは「出演オファーをいただき感謝しています。緊張しましたけどリラックスして撮影に臨めました」と話している。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中