尾木ママ「いじめ駆け込み寺が欲しい!」

印刷

   教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さん(69)が、10月8日(2016年)、いじめ被害者がとるべき対策は、「先ずは危険地帯の学校に行かないこと」だと、自身のブログで述べた。また、教育委員会も機能不全に陥っていると語り、「いじめ対策委員会」や弁護士への相談が効果的であると語った。

   尾木さんはこの日、いじめに関する複数の記事を投稿しており、「いじめ被害者の皆さん!決してあきらめないでね...大丈夫 いじめ学校に取り敢えず行かないこと!緊急避難してくださいね...」と、学校からの避難の重要性を強調し、最後に「学校・いじめ問題駆け込み寺が欲しい」との思いを綴っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中