「大統領選討論会」泥試合!トランプ「私は口だけだが、あんたの旦那は本当にヤッた」

印刷

   アメリカ大統領選の2度目のテレビ討論会が、日本時間のきのう10日(2016年10月)にミズーリ州で行われた。共和党候補のドナルド・トランプの過去の女性蔑視発言批判に、トランプは民主党候補ヒラリー・クリントンの夫、元大統領ビル・クリントンのセックススキャンダルで応酬するなど、前代未聞の泥試合になった。

元大統領にレイプされた?自称被害者並べて牽制

   討論会直前に、トランプの11年前の発言というのがメディアに出た。録音された音声で、「彼女胸は大きいし、いいカラダしてるよ」「美人にはキスしまくっちゃう」「×××(放送禁止語)をつかめばなんでもできる」となんとも下品な内容だ。

tv_20161011125028.jpg

   司会者が「性的暴行に等しい発言だ」と追及すると、トランプは「もちろん誇りには思っていない。家族やアメリカ国民に謝ります」と殊勝だったが、「これはロッカールームでの雑談みたいなものだ」と開き直り、突然、「過激派組織イスラム国は」と話を変えてしまった。

   さらに、「私は女性を尊敬している」「この国を安全な国にする」などと支離滅裂。クリントンは「今まで大統領になる資格まで問うことはありませんでした。トランプ氏は例外。大統領になるべきではない」とたたみかけた。

   するとトランプは「私は口で言うだけだが、クリントン(元大統領)はやった。ヒラリー氏も被害者の女性を残酷なほど攻撃した」と攻撃し出した。トランプは討論前、クリントン元大統領に暴行されたという4人の「被害者」女性を集めて、それをSNSに流していた。「ビルは私をレイプし、ヒラリーは私を脅迫した」などなど。テレビ討論の会場にも連れ込もうとしたのだが、これはさすがに主催者が止めた。いやはや凄まじい。

   ヒラリー・クリントンは「彼の言うことは嘘ばかり」「トランプ氏のような人間がこの国の法律に携わる立場にいないことは幸運だ」というと、トランプは「そうなったら君は刑務所行きだもんな」

   最後は互いを「嘘つきだ」と罵り合う泥試合に。視聴者は「ゴシップばかりで笑っちゃう」とうんざり顔だ。

「大馬鹿で下劣なブタ野郎」(デ・ニーロ)、「初めて共和党候補に投票しない」(シュワルツェネッガー)

   トランプはハリウッドのスターからも叩かれている。ロバート・デ・ニーロは「大馬鹿で下劣なブタ野郎だ。くそ詐欺師だ。ぶん殴ってやりたい」。シャロン・ストーンは「彼の行動からは礼儀や判断力の欠如が伺えます。絶えず判断力を欠く」。アーノルド・シュワルツェネッガーは「アメリカ国民になって初めて共和党の大統領候補に投票しないことにした」

   司会の小倉智昭「二人とも大統領に向かないんじゃないのかね」

   中江有里(俳優)「面と向かって、よくあれだけ悪口を言えるなと思いますね」

   メディアの採点は57対34でクリントンに軍配が上がったが、1回目の討論の62対27よりはトランプが巻き返したとも言える。トランプを支持する声は依然強い。要は「ヒラリーじゃ変わらない。トランプは変えてくれる」というもの。国民が求めているのは「変化」。そういえばオバマ大統領も「チェンジ」が合言葉だった。変化の内容には無頓着に見えるのが気になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中