テレビよりラジオで本音しゃべる芸能人たち!コアなファンに直接語りかけ

印刷

   アレはアレで、コレとは違う。あるテレビのワイドショーで、芸人さんが自分たちの発言をいじられていた。アレとはラジオのことで、コレとはテレビ。ラジオは密室な感じだし深夜だったので自由に喋っていたけど、テレビのお昼のワイドショーでは喋れないよと芸人さんは弁明していた。

   ほんと、そうだよな。ラジオは昔から解放区で自由に喋ることができる雰囲気があって、本音に近い部分や毒気を出しやすいし、リスナーもそれを望んでいる。最近でいうと、国民的人気アイドルグループの解散話だ。メンバーがその話題を口にしたのはラジオ番組だった。

あの女性タレントも・・・レギュラー復帰したたか戦略

   もう一つはレギュラー番組の復帰にラジオ番組を選んだ女性タレント。彼女がラジオの生放送でどんなことを喋ったのか、他のメディアは後追いで紹介する形となった。

   このラジオを使った戦略を流石だなあと個人的には思う。ラジオってコアなファンがついてくれるからだ。長年、応援してくれている人たち、自分の話にちゃんと耳を傾けてくれる人が、そこにはいる。この安心感と自信は大きな力になる。これがテレビだと、ファンではない人に揚げ足を取られて、批判コメントがネットに溢れることになりかねない。

   後輩芸人が先輩芸人をヨイショするときもラジオは便利らしい。「先輩、こないだのラジオ面白かったっすねえ」と褒める。お、わざわざオレの番組を聞いてくれているんだと嬉しくなる。外面を気にするテレビ番組よりも、ラジオ番組でのトークの鋭さ、面白さを褒められたほうが心にグっとくるそうだ。なるほどね。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中