「無断欠勤OK」で利益上げるエビ加工会社!従業員は「助かる」、工場長は「マイナスない」

印刷

   パート従業員が職場に連絡しなくても休める会社が大阪にある。エビを加工冷凍する「パプアニューギニア海産」は出勤時間も自由で、工場に何人出てくるか当日にならないと分からないフリースケジュール制度で業績を上げているという。

   パートは20代から40代の11人。「急用ができたときに助かります」「連絡しなくてもいいのは気持ちが楽になります」と話す。休めば給料は減るが、遅刻や早退による減給はない。

出勤人数に合わせて作業

   もとは東北に工場があったが、東日本大震災で大阪・茨木市に移転した。それをきっかけに、遅刻や早退もチェックして効率を重視していたのを切り換えた。出勤人数にあわせて冷凍エビを加工するので、製品をストックしておき、オーダーにあわせて出荷すればいい。

欠勤ゼロ?

   武藤北斗工場長は「1週間、1か月のトータルで見れば、労働時間に差はないですね。気持ちよく働くほうがいい」と話す。人件費が下がり、効率が上がって利益は上がったそうだ。

   司会の羽鳥慎一「こんなことが実現しているんですか」

   キャスターの宇賀なつみ「欠勤という考え自体がないのですね」

   この会社は好き嫌いによって作業を分担することも去年10月(2015年)から始めている。

   羽鳥「革命的に変えなければとひらめいたんですね。もしかしたら、これからのモデルケースになるかもしれません」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中