2018年 9月 26日 (水)

カンニング竹山「ボート場の問題が起こって急に復興とか言い出した。何故もっと本気で考えない」

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山が10月18日(2016年)、東京五輪・パラリンピックでボート・カヌー競技をどこで行うかをめぐり、ツイッターで見解を述べた。きのうの「白熱ライブ ビビット」(TBS系)では、宮城県の長沼案について「復興を言い過ぎ。4年後まで復興してないんですか?宮城以外の福島や岩手はどうなんですか?いい時だけ『復興』を使いやがって。お金(五輪予算)と復興は別でしょ」と語ったと、デイリースポーツが報じていた。

   18日、竹山は「ネットの記事だけ読んで誤解なさっている方が多々いるようなので今回は一言だけ」とし、「復興五輪とは前から言っていたのに何故もっと本気で東北の復興を考えて東京と東北でのコラボ案が出てこないかが僕は悔しいのです」「ボート場の問題が起こって急に復興とか言い出したことが悔しいのです」という。「中々上手くいかない現実や問題点が5年経ってもまだまだあると言う事を本当にわかってくれていますか?と言う事を言いたかったのが言葉たらずになったようです」と釈明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中