築地三代目・田村隆さんおススメ「冬は塩けんちん汁がうまいよ」野菜たっぷり

印刷

   「この間(2016年10月13日「熊本・大分地震から半年」)の放送でお伝えできなかったコーナーです」と井ノ原快彦キャスターが振ると、阿蘇の特設会場で、築地の日本料理店3代目の田村隆さんが、ざるにいっぱいの食材を抱えて登場した。

「長ニンジンに自然薯、椎茸、里芋、にんじん、落花生。この土地で取れた具材ばかりで塩けんちん汁作ります。味噌や醤油味だと中身が見えにくいので、具材を際出せるためにサッパリとした塩味にしました」と言う。

落花生包んだ自然薯団子

   田村さん「干し椎茸はサッと蒸してから切って。他の具材は順番があるけどまあいいか」と出し汁の中に次々と入れていく。ポイントは自然薯と落花生だ。塩ゆでした落花生をすり下ろした自然薯でつつみ、団子状態のものを鍋の中に落としてゆく。「自然薯が温まると固まりスイトン状になって、独特の味が出てきます」

   曇り空の野外会場で塩けんちん汁は大好評で、井ノ原快彦キャスターは自然薯の中のピーナッツが、歯ごたえがあって食べごたえがあるし、寒くなる季節には最高ですね」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中