天才シェフは真正バカか!天海祐希起用しながら出来損ない脚本でぶち壊し・・・落ちぶれたものだねフジテレビ
<Chef~三ツ星の給食~ 第1回>(フジテレビ系)

印刷

   フジテレビは最初から負けている。この日、テレビ朝日では最強のコンテンツ、「ドクターX」の第1回が放送され、それが10時過ぎまであるので、この番組の放送時間を10時ではなくて10時15分に遅らせたのではないのか。その甲斐はあったか。「ドクターX」は視聴率20%越えで、「Chef」の方はわずかに8%。トホホ。
   アラフォーの星、天海祐希が三ツ星レストランの総料理長・星野光子で登場するが、オーナーの篠田(小泉孝太郎)とは上手くいかない。なかんずく、小うるさい料理評論家などを招待した日に、篠田の指図に反して、自分で獲った鹿をメインディッシュにしたために、決定的に亀裂ができる。
   篠田はいやらしく、招待客たちを海外に行かせて、実は鹿料理で食中毒が起きたとメディアに発表する。光子はクビ。テレビマンの矢口(友近)が光子を学校給食の料理人に推薦しドキュメント番組で売り出そうとするが大失敗。
   おかしいのは食中毒が篠田の仕掛けた嘘だとわかっても告発会見もせず、三ツ星の有名シェフがどこにも雇ってもらえず、いきなり学校給食の調理人になる。この光子は真正バカか。プライドはないのか。天海祐希という、姿も才能も抜群の女優にあてがうには噴飯物の出来損ない脚本のフジのPは、何を考えているのだ。落ちぶれたものだ。最初は「味が薄い」とかイチャモンをつけた小学生に喜ばれる料理を作るまでが描かれるのだろうが、先が読めてはだめ。(放送2016年10月13日22時15分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中