「ハロウィン」今年の人気コスチュームはシン・ゴジラとピカチュウ

印刷

   10月31日はハロウィンだが、今年も商戦が盛り上がっている。東急ハンズ池袋店では3000点のグッズを用意した。5年前の1・5倍だ。生傷や出血といったメークを簡単にできるシールやスプレーが主力商品で、映画のキャラクター衣装は日本製の手作り品をそろえたという。9万1800円の全身着ぐるみもある。「仮装に4、5万円はかけます」「手作りのコスプレにはまっていて、去年は1万3000円かけました」というカップルの客もいた。

ハンバーガー、目玉焼きあしらった衣装も登場

   ドン・キホーテ渋谷店にはいろいろなコスチュームがずらりと並んでいる。定番のナース、ポリス、囚人に加え、今年はハンバーガー、目玉焼き、マスタードをあしらった衣装を友達同士で分けて楽しむのがはやりだという。

tv_20161021124801.jpg

   キャラクターの着ぐるみでは、2013年はふなっしー、14年はアナ雪、15年はラグビー・五郎丸が流行した。今年はシン・ゴジラの衣装とポケモンGOブームでピカチュウの着ぐるみも売れているそうだ。

デパートもゾンビ姿で客で迎え

   イベントも盛んだ。ゾンビ姿で客を迎えるデパート、千葉県稲毛ではコスプレを着て走るマラソン大会も開かれた。途中でゾンビが行く手を阻む趣向で、300人が参加した。ハロウィンメークを提供する美容院もある。傷や出血のメークをやってもらった中山美香リポーターは「わっ、これはすごい」

   司会の加藤浩次が「オレは毎年、長距離トラックの運転手だな」と言うと、「え、なんで?」とスタジオがわいた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中