辞任の瀬戸際「山本有二農水相」目に余るブラック事務所!雇用契約書なし、残業代なし・・・

印刷

   安倍内閣のバカな閣僚のアホ発言には飽き飽きしている。山本有二農林水産相が環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案を「強行採決」する可能性について言及したことで野党が反発、山本農水相の辞任を要求することで一致した。

   この山本という大臣、軽率な発言だけではなく、身内にも人間としての配慮がないと週刊文春が報じている。<複数の元秘書の証言によれば、山本事務所は労基法第15条1項に定められた雇用契約書を作成していなかった。元秘書が山本氏本人に締結を求めたが、拒否されたという。また「給料は全部込みで約17万円」などとされ、残業代が支払われない形になっていた>(週刊文春WEBより)

   電通やワタミ顔負けのブラック事務所だというのだ。明々白々の労基法違反だが、このセンセイ、司法試験に合格しているそうだ。まさか経歴詐称ではあるまいな。

   こうした緩んだ大臣が出てくるのも、長期の安倍一党独裁政権の驕りからくるものである。国民が望んでもいない総裁任期を「連続2期6年」から「連続3期9年」に変えるというのも、国民軽視の表れである。

   衆院特別委員会で安倍首相が「我が党においては(1955年の)結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」と話したときには、正直、認知症が始まったかと思った。昨夜も家人といい合いになった。「あなたのように安倍首相のことをバカな独裁者だなんて、テレビでいうコメンテーターなんか誰もいないじゃない」。お茶の間のオバチャンたちは、新聞も雑誌も読まない。テレビだけが世界を覗く窓なのだ。私が「テレビのコメンテーターは、干されるのが怖くて安倍批判などできないんだ」というと、「テレビに出られないから僻んでいるだけじゃない」といい募る。

   茶の間のオバチャンたちはテレビしか信じない。インターネットにはそうした安倍批判が数多あるが、若者たちはネットの中で、自分の関心のあるものしか見ないから、あってもないようなものだ。大新聞はテレビ局を系列に持っているのだから、テレビをもっと活用すべきだ。深夜の30分でいいから『治外法権』で、自社の記者が鋭い政権批判をする番組をつくり、毎日流したらどうか。それだけでも世の中はいまよりずっとよくなるはずだ。

拳の下ろしどころに困り出した小池都知事!豊洲新市場、五輪見直しどう決着?

   IOCのバッハ会長が日本に乗り込んできて、五輪のボート・カヌー会場移転問題の流れが変わってきた。今週の週刊新潮は、小池都知事が「海の森水上競技場」を宮城県の「長沼ボート場」へ変更するといい出したが、長沼の不便さ、仮設住宅では断熱が十分ではなく夏場は過酷になる、選手村が分断される、変更すれば莫大な違約金を支払わされるかもしれないと、長沼のマイナス点をあげている。

   バッハ会長も森喜朗大会組織委員会会長や安倍首相と会ってから、復興五輪というならソフトボールや野球を東北でやったらどうかと、暗に長沼移転反対を表明した。豊洲移転問題はどう決着させるのか、長沼移転問題を含め膨らみ続ける五輪予算にメスを入れられるのか。私が見るところ、言ってはみたが、小池都知事は拳の下ろしどころがなく困り切っているように見える。

   それに比べて、元都知事の猪瀬直樹氏の何と優雅な生活ぶりであろう。週刊新潮が猪瀬氏と中年美女のテニス風景を撮っている。相手は蜷川有紀さんといって56歳で、女優で画家だそうだ。演出家の故・蜷川幸雄氏の姪だという。なかなかキリッとした女性である。

   こんな男になぜこんないい女が? というケースはよくあるが、悪名は無名に勝るということか。

「集団レイプ慶應大生」無期懲役の集団強姦致傷、リベンジポルノ防止法違反も加わり戦々恐々

   慶應大学の広告学研究会所属の学生による集団強姦事件は、被害者が警察へ被害届を出し受理されたそうだ。週刊新潮によれば加害者は6人。強姦シーンを撮った動画や写真が学生の間で拡散されたので、リベンジポルノ防止法違反という罪も加わる。「集団強姦致傷」は最高刑が無期懲役という重罪だから、さぞや加害学生たちは戦々恐々としていることだろう。

   さらに、被害女性の訴えを聞いたにもかかわらず、責任逃れをし、未成年の飲酒ということで収めてしまおうとした慶應大学そのものへの批判の声も大きい。創立者の福沢諭吉は修学の目的として、「人格を備えた社会の先導者となることが、義塾における教育の目標の一つ」だとしているのに、<人格破綻の「テキーラ陵辱」を前にしては、この福沢の言葉がブラックジョークにしか聞こえない>(週刊新潮)

   週刊文春は加害学生とその親を直撃しているが、当然ながら「(あなたに)関係ないでしょ! 弁護士に任せているんだから、何も言うことはありません」(加害者の母親)という反応ばかりである。

   以前ここでも書いたが、同様のことが5月(2016年)に東京大でも起きている。主犯格は工学部4年の松見謙佑(22)。松見らが餌食にする女子大生を集めるために作ったのは「東京大学誕生日研究会」というサークルだった。<「実は、彼(松見のこと=筆者注)は被害女性に殴る蹴るの暴行を加えた上、カップラーメンの汁を彼女の顔にかけたりと、やりたい放題だったのです」(捜査関係者)>(週刊新潮)

   さらに<「最後には松見は女子大生の局部にドライヤーで熱風を浴びせかけ、それに耐えかねた女子大生はTシャツとズボンを着て泣きながら部屋を飛び出した」(同)>

   被害女性は提訴し、示談が成立した者以外、松見を含めた3人は起訴され、9月20日、松見に判決がいい渡された。懲役2年、執行猶予4年。もう1人も懲役1年6月、執行猶予3年。公判で彼らはこう語ったと新潮45(11月号)で、傍聴ライターの高橋ユキ氏がリポートしている。

   <「私の女性観ですが、(近づいてくる女性は)個人的に私を好いてくれるのではなく、下心があって近づいているのではないかと。そういう人たちに対して苦手意識、軽蔑する気持ちがありました」>

   別の人間もこう語っている。<「仲間の間で女性をモノ、性の対象として見て人格を蔑んでる考え方が根本にあったと思う。大学に入学してサークルなどで他大学の子と接して、彼女らはアタマが悪いからとか、バカにして、イヤラシい目でばっか見るようになり・・・という、男たちの中でそういう考え方が形成されてきたように思います」>

   東大生ほどではないが、慶應生にも、そうした女性蔑視、女性は性のオモチャという歪んだ優越感があったのではないか。女性のほうにも、そうした考えを秘めている男たちに対して「無防備」過ぎたといわざるを得まい。若い男たちの全部が草食化し、性に淡白になっているわけではないのだから。

東宮大夫がしどろもどろで説明「愛子さまの体調」悪循環のスパイラル

   週刊新潮は先週、日教組の岡本泰良委員長が女性とラブホテルへ入る姿や、組合費を蕩尽していると報じた。これだけ暴露されたのだから即刻辞任だろうと思っていたのだが、本人は雲隠れし、日教組のお偉方は週刊新潮へ情報を流した「犯人捜し」に躍起になっているというのだから、この組織は落ちるところまで落ちるしかないのだろう。岡本というのは、日教組を完全に崩壊させた「性職者」としてしか名前は残るまい。

   このところ、皇太子の長女・愛子さんの不登校問題が、天皇、皇后の心痛のタネになっているようだ。週刊文春によると、愛子さんは9月26日から約3週間にわたって学習院女子中等科を欠席しているという。ふらつきがあり、胃腸も弱っているというだけで要領を得ない。

   <「記者会の一部はしびれを切らし、『三週間は尋常じゃない』『お疲れの根本的な原因は何なのか』『精神的な要因があるのでは』と追及した。すると大夫(小野田展丈東宮大夫=筆者注)はしどろもどろに『疲れ切って体力が戻らない"悪循環のスパイラル"になっている』と説明しました」(宮内庁担当記者)>

   中間考査初日の試験は欠席したという。心配なことである。

過労死自殺の電通「20~30代は地獄。乗り切れば天国」

   週刊現代は巻頭特集で50、60すぎたら「損する会社」「得する会社」があると書いている。読者は、これから就職をしようという学生なのだろうか。だが、読めばわかるように、年取ってからも社員に優しい会社など、あったとしてもごくごくわずかにすぎない。

   国にいわれるから、65歳、または70歳まで再雇用するといってはいるが、その実態はせいぜい月20万円程度で、かつての部下から顎で使われる半端仕事しかないのだ。ここでもメガバンクの冷たさを行員が話しているが、どこもここも似たり寄ったりである。

   わずかにいいといわれるNECやリコーでも、「56歳で役職定年になりますが、それまでの給与体系がほぼ維持されるので、2割程度しか給料は下がりません」(NEC関連子会社勤務)、「60歳からはシニア契約があり、65歳までは社内に残れます。時給は1000円~2000円と高くはありませんが、居心地がいい」(リコー社員)程度なのだ。

   24歳の女子社員が過労のため自殺した電通などは、「20~30代の非常に辛い時期を乗り切れば、後は天国のようなものです」(電通社員)という。だが、そこへ行くまでに無茶苦茶な残業をさせられたり、天国にいるような気でいる上役のパワハラに悩まされたりと、若い社員にとっては「地獄」のような会社なのだ。

   学生諸君! これだけはいっておく。社員に優しい会社などどこにもないと。

被害女性の反撃にも沈黙の「高畑淳子」CM、バラエティー激減でもうヨロヨロ

   最後にフライデーを少々。高畑裕太にレイプされた被害女性Aさんが週刊現代(10/29号)のインタビューに答え、裕太側のいい分に猛反論したことから、事態は一変したという。<「淳子さんも裕太の元所属事務所の社長も、週刊現代の記事についてはなにも反論しないということで合意しているようです。主張したいことはヤマほどあるようですが、『自分たちがなにを言っても世間の目は変わらない』と思い、諦めているようです」(裕太の知人)>(デジタルフライデーより)

   フライデーによれば、12月上旬まで高畑は主演舞台「雪まろげ」の地方巡業に入るそうだ。<一家の大黒柱は高畑であり、大きな収入源だったCMやバラエティ番組への出演が絶望的になったいま、彼女は舞台に立ち続けるしかない>(同)

   フライデーは何度も彼女に質問をぶつけたそうだが、高畑は顔を伏せたまま、ヨロヨロと自宅へ入っていったそうだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中