平幹二朗 浴室で急死!故蜷川幸雄の告別式で語っていた「僕らは近いうちに再会する」

印刷

   俳優の平幹二朗が亡くなった。きのう23日(2016年10月)夜6時半ごろ、自宅浴室で倒れているのを家族が発見した。82歳だったが、舞台もテレビ番組も現役でつとめていた。今夜24日放送のフジテレビ系「カインとアベル」(9月29日収録)が最後の出演となった。

シェイクスピア「王女メディア」「ニナガワ マクベス」で海外進出

tv_20161024123220.jpg

   圧倒的な存在感と高い演技力で、映画、テレビ、舞台と幅広く活躍し、とりわけシェイクスピア劇では第一人者だった。しかし、この5月の演出家の蜷川幸雄さんの告別式では、「1度も僕の演技を褒めてくれませんでしたね。僕はなんとか褒め言葉を引き出したくて、熱演に熱演を続けました。さよならはいいません。『僕らは近いうちに再会する』」と劇の一節を捧げた。

   司会の小倉智昭「それが現実になってしまった。僕は平さんの圧倒的な声が羨ましくて、響き渡る素敵な声でしたよ」

   広島生まれ。俳優座養成所を経て、1956年俳優座に入団した。180センチの長身、端正な顔立ちとよく通る声。スケールの大きな演技で入団時から注目された。1963年の34歳の時にテレビドラマ「三匹の侍」(フジテレビ系)でブレークし、その後「ハムレット」やNHKの大河ドラマにも出演した。平の名を不動のものにしたのが、蜷川幸雄氏のシェイクスピアだ。「王女メディア」「ニナガワ マクベス」で海外進出を支えた。

   70年に女優佐久間良子と結婚して、一男一女をもうけたが、84年に離婚。長男の平岳大は俳優の道を進んだ。87年には肺がんを克服していたが、公表したのは10年後だった。98年に紫綬褒章、05年には旭日小綬章を受けた。旭日小綬章の受賞の時、「紫綬褒章の時は仕事を少し楽しんでやりたいと思ったが、仕事が以前より楽しくなって、これから生きることはますますハードになりますので、演じることはもっと楽しく」と言っていた。

今夜24日放送フジ月9「カインとアベル」最後の出演

   小柳美江リポーター「今月の9日まで舞台をやっていて、テレビの連続ドラマにも出ていて、病気とか、体調が悪いという話もなかったので、訃報に驚いた人が多かったようです」

   小倉「『カインとアベル』は主役の兄弟のおじいちゃん役ですからね。どうなるのでしょうか」

   笠井信輔ニュースデスク「先月お会いしたんですよ、舞台の楽屋で。コミカルな三枚目役なんですけど、80歳過ぎてから初めてですねとお話ししたばかりでした」

   小倉「それが突然の訃報というのは、信じられない」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中