黒沢年雄「あのボブ・ディランをノーベル賞に選んだ関係者に問題。彼も困ってると思う」

印刷

   俳優で歌手の黒沢年雄が10月24日(2016年)、ノーベル文学賞の授賞連絡を無視しているボブ・ディランについてブログで触れた。ボブ・ディランは「悲しい時、苦しい時、嫌な事を一瞬でも忘れさせてくれる、人の心を和ませてくれる」存在で、地道な研究が評価されるノーベル賞には「無縁のアーティスト」なので、「選んだ関係者に問題があり、ボブ・ディランも困っていると思う」

   「僭越ですが僕だったら」と続け、「僕はノーベル賞を頂くにはあたいしません、他に素晴らしい文学者がいます、その方を選んであげて頂きたい...と言いますね」とも述べた。「ボブ・ディランはこのままにしておくと、素晴らしいアーティストが、嫌な奴になりかねません...。人生 全てタイミングが大事...」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中