高田、加山、故地井「歴代散歩人」が歩いた浅草・・・少しずつ高くなるスカイツリーに10年の感慨ひとしお
<じゅん散歩超デラックス>(テレビ朝日系)

印刷

   「~若大将とまさかの爆笑ゆうゆう散歩 ちい散歩から10年! 名場面も一挙公開~」という副題がつく、『散歩』シリーズ10周年の記念番組だ。2代目の加山雄三と3代目の高田純次が揃って浅草&丸の内を散歩し、亡き初代の地井武男の名場面も見せるなど、「散歩」シリーズファンにはたまらない内容だった。
   「ちい散歩」「ゆうゆう散歩」がスタートした吾妻橋で待ち合わせした高田と加山は、浅草界隈を散歩するたびに撮影された映像を見る。吾妻橋から見える東京スカイツリーが少しずつ高くなっていて、あらためて見ると、時の移り変わりがわかり、感慨深いものがある。地井もまだ元気だった。
   2人は浅草公会堂前のスター広場(ここにはゆかりの芸能人の手形&サインがある!)で加山の手形を探したり、最近できた「まるごとにっぽん」の信州木工館で、加山が持ち歌の「君といつまでも」「旅人よ」「お嫁においで」を演奏する。その後は、場所を移し、東京駅、大手町の森など丸の内界隈を散歩した。
   加山と高田の相性はバッチリで、殿様と腰ぎんちゃくのように見えなくもないが、どちらも楽しそうなのがいい。たまにはこうして2人で散歩するのも面白いかも。番組の最後には、高田純次がデザインした番組と大塚製靴のコラボシューズ"Jシューズ"の宣伝もちゃっかり。この番組が通販番組のおまけだったことを思い出した。(放送2016年10月22日9時55分~)

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中