熊切あさ美「売名って言われるのすごくいや」 それでも「お仕事」頑張る理由

印刷

   タレントの熊切あさ美が10月26日(2016年)のブログで、インターネットの「炎上」について語っている。「この間とある方と真面目なお仕事の話をしました。何かあると売名って言われること本当はすごくいや」と切り出した。

   13年から交際していた歌舞伎俳優の片岡愛之助と「泥沼破局騒動」に至り、16年8月の「女性セブン」でプロ野球・東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手との「お泊り愛」疑惑を報じられ、彼女のSNSには「炎上」した経緯がある。

   ブログでは「嫌に決まってるよね 誰でもそんないいかたされたら」と前置きし、その人に「熊切はそう言われても今は自分を知ってもらうため 出ればきかれる仕事なんだからでて誤解解いたり わかってもらい そこからまたはじまりだからと」と励まされたという。

   「確かに でて自分を知ってもらえたら たぶん きっと いいなって思ってくれる人もいるよね 1人ぐらいは」と納得し、「結果が大事だし 今さらこの年で自分をすぐに変えようなんてたぶんできないから まずは素直に自分らしく間違ってたら反省し お仕事頑張っていこうと思った」と述べていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中