<火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』>(TBS系)
ガッキーダンスだけじゃない 不器用な2人の距離感が新鮮

印刷

   ガッキーのエンディングダンスが超可愛いと話題だが、それに負けないくらい本編もよくできていて、楽しいコメディドラマだ。原作は海野つなみの同名漫画。

   新垣結衣演じる森山みくりは大学院を卒業後、就職できず、派遣社員として働くも、人員削減で契約打ち切りに。そこで、父(宇梶剛士)から言われ、家事代行スタッフとして独身IT系会社員津崎(星野源)の家に。そこで、完璧に仕事をこなし、家事にやりがいを感じるみくり。気難しく、何人も担当者を変えてきた津崎も、そんなみくりの仕事ぶりを気に入り、正式採用へ。ところが突然、田舎に引っ越し、古民家で暮らすと言いだし、みくりは仕事を辞めなくてはいけなくなると津崎に伝え、内心辞めたくないと思っていたみくりは、「住み込みで。ならいっそ、結婚して就職のかたちで結婚というか、契約結婚というか」と契約結婚を持ち掛ける......。

   というのが、初回のあらすじ。

「サザエさん」ふう次回予告

   最初に、「情熱大陸」のパロディで、「森山みくり 25歳 派遣社員」とやったり、途中で「プロフェッショナル 仕事の流儀」ふうに家事のやりがいについて語ったりするなど、演出も遊び心満載で楽しい。第2話では「ニュース23」ふうの場面、第3話、次回の予告篇は「サザエさん」ふう。「さあて。来週のみくりさんは~」とやるのだ。

   第2話ではいよいよ契約結婚スタート。周囲には普通の結婚と伝えながら、実際は婚姻届を出さず事実婚というかたちで、雇用関係を結ぶ2人。お給料の19万4000円は津崎がきっちり試算した結果。別に休日手当も出るとか。世のタダ働きをさせられている主婦にとっては羨ましい限り!? こういう結婚のかたちもいいなあ、と思わせるところが凄い。2人の微妙な距離感も新鮮でいい。今のドラマはコミュニケーション力の高い主人公たちが多く、すぐ誰とでも仲良くなったり、話したりするが、実際、そんな人ばかりではないはず。だから、不器用な2人にほっとするのだ。

本来のテレビドラマの姿

   お話は、新婚家庭に会社の同僚(古田新太&大谷亮平)が遊びに来て、契約結婚がバレそうになるとか、こんな展開になるんだろうな、と思うとおりに話が進む。なんてことない話を個性的な俳優陣と意欲的なスタッフの力で面白くしている。これこそが本来のテレビドラマの姿だと思う。

   第3話では、みくりを大谷亮平とシェアするという衝撃のラストシーンで、次週どういう展開になるのか、気になって仕方がない。1週間が待ちどうしくて、原作漫画も買ってしまった。今まで恋をしたことがなく、『プロの独身』を自称する津崎がみくりによって、変わっていき、嫉妬や妄想、いろんな感情が出てくるところが見モノ。そりゃ新垣結衣が一緒に暮らしてくれるなら、誰だって変わるよ、なあ~んて冷めた目で見ないで、こういうドラマはどっぷり浸って見るに限る。というわけで、毎週火曜の夜はガッキーになりきって楽しもう~!(火曜よる10時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中