「熊本城」20年、634億円の修復作業!10万個の石に番号付け、瓦や壁土も再利用

印刷

   熊本地震から半年余りがたったが、大きな被害を受けた熊本城内にはまだ石垣から崩れた500から600キロの石がごろごろ転がっていた。大竹真リポーターは思わず「ちょっとショックですね」とつぶやく。

   天守閣は周囲に屋根瓦の破片がちらばり、屋根の破損個所に雑草が茂る。内部は危険で入れず、職員もとくに許可を受けなければ立ち入れない状態だ。「全体被害をやっと把握した段階」という。

400年前の建築当時の資材を残したい

   8年前に復元された本丸御殿は一見無傷だが、中に入ると崩れた壁や歪んで開閉できなくなった引き戸もある。「招君の間」は金箔がはがれていた。重要文化財の東十八間櫓は石垣と建物が崩落し跡形もない。400年前の建築当時の貴重な資材を集めて保管する作業が続けられていた。

凄い作業です

   使える木材は木っ端まですべて回収し再利用するという。瓦、壁土もできるだけ集めるそうだ。石垣の石は一つずつ番号をつけて過去の写真と照らし合わせる。1個に1時間はかかる。ミリ単位の作業だという。これまでに5000個あまりを回収したが、全部で10万個ある。熊本城全体の修復には20年、634億円かかるといわれる。

   菊地幸夫(弁護士)「直すのは無理かと思いましたけど、すばらしい技術と努力ですすんでいるのですね」

   司会の加藤浩次「修復技術は最高レベルではないですかねえ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中