2018年 9月 25日 (火)

<1年前のワイドショー>小学生巻き込み死傷「87歳運転者」よく覚えてない・・・昨年は宮崎で72歳認知症暴走

印刷

   28日(2016年10月)、神奈川・横浜でスピードを上げた軽トラックが停車中の車に追突して横転し、登校中の小学生の列を巻き込み児童9人が死傷した。運転していたのは87歳の男性で、前日朝から県内を乗り回していたが、「どこを走って、どうやって現場まで行ったのか覚えていない」と供述している。現場にはブレーキを踏んだ痕跡はなかった。

   高齢者による交通事故は増え続けていて、昨年10月28日(2015年)には72歳の男性が運転する軽自動車が宮崎市内の繁華街で暴走し、7人が重軽傷を負った。男性は認知症の治療を受けていて事故を起こす2日前に病院を退院したばかりだった。ワイドショーは高齢ドライバーの運転ミスが増加していることに警鐘を鳴らし、こう伝えた。

   <宮崎「歩道暴走」運転の73歳男性は認知症!2日前に退院したばかり>(あさチャン!)、<「高齢認知症ドライバー」対策急げ!治療中だった宮崎・歩道暴走73歳男性>(スッキリ!!)、<周囲は気付いていなかった普段から「認知症運転」宮崎・歩道暴走の73歳男性>(モーニングショー)

   しかし、高齢者の重大交通事故は増加していて、国土交通省のまとめによると、昨年は65歳以上の高速道路の逆走は最多となった。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中