「東国原英夫」エロ親父のくせに何をエラソーに!テレビ局いつまでもこんな奴出すな
<橋下×羽鳥の番組 蓮舫が緊急参戦SP!!>(テレビ朝日系)

印刷

   左端に平沢勝栄、隣りが蓮舫、真ん中は橋下徹とその横が羽鳥慎一の司会者2人、右は東国原英夫と石原良純。要するに右寄りばかりの中にゲストの蓮舫がぽつん。例によって2重国籍問題で東国原に吊し上げられる。何で戸籍謄本を公開しないのかとか。蓮舫の発言でわかったのは、台湾は中国が別の国と認めていないために、籍を抜いたという証明書をもらえないのだとか。外交問題は面倒である。それにしてもエロ親父のくせに東国原のエラソーなこと!
   石原が言っていたが、父親が台湾人で母親が日本人の娘が、2重国籍でどこが悪いのか。何で政治家が2重国籍ではいけないのか。一般人はそんなことどうでもいいと思っている。スパイじゃあるまいし、自民党のタメにするイチャモンである。
   また、蓮舫が未だに「蓮舫ちゃん」と呼ばれるとか。いやしくも公党の党首にチャンづけとは呆れた。並んで写真でも撮ろうとすると、男の議員は必ず蓮舫の肩や腰に手を回すそうだ。さらに彼女はキツイ女だといつも言われるとか。いかにもアナクロ親父の巣窟たる国会議員である。禁煙も遅れていて、つい最近まで灰皿が置いてあったそうだ。
   万事が時代遅れの国会、こんな奴らに法律を作られる情けなさ。つまり、それを選ぶ民度が低いということである。橋下の発言が案外まともで気配りが効いているので驚いたが、東国原の嫌らしさは地である。テレビ局もいつまでこんな奴を出すのか。(放送2016年10月24日23時15分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中