2018年 7月 22日 (日)

<ジェイソン・ボーン>
復讐に燃えるジェイソン・ボーン!マット・デイモン46歳とは思えぬ肉体アクションに興奮

印刷

   マット・デイモンが記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気シリーズ最新作である。「ボーン・アイデンティティー」から14年。ジェイソンの過去が明かされていく。ジェイソンの父親は息子がスパイとなることに反対し、そのため政府によって殺された。その復讐がストーリーの軸なのだが、これまでの激しい戦いぶりからすると、動機としては平凡で弱い印象だ。ジェイソンの話だけではネタが尽きたのだろうか。

  • (C) Universal Pictures
    (C) Universal Pictures

敵役バンサン・カッセル怖すぎる存在感

   ジェイソン・ボーンはやはり健在であった。シリーズ最高傑作と言ってよいのは、マット・デイモンの46歳とは思えぬ鍛え抜かれた肉体とアクションだ。筋肉隆々の二の腕を1発KOしてしまう。バイクで疾走する冒頭のシーンは、舞い上がる砂埃がスピード感と臨場感を際立たせている。

   今回は敵役も見どころだ。ジェイソンに密告され、2年間も拷問を受け続けたスパイナーをバンサン・カッセルが演じていて、執念でジェイソンを追いかける冷徹な殺し屋として、圧倒的な存在感がある。

   「ボーン」シリーズを見てきた方にも、良い男に出会いたい人にもお勧めの作品である。

PEKO

おススメ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中