2018年 9月 21日 (金)

小林麻耶、悪口を言われた時の対処法「悲しいときは声に出す」

印刷

   現在、芸能活動を休養しているフリーアナウンサーの小林麻耶さん(37)が11月4日(2016年)にブログを更新。読者からの質問に答える形で「悪口を言われたときの対処法」を公開した。

   小林さんは、「自分の気持ちを声に出して、自分の耳から聞くと楽になる傾向がある」と語り、自分の気持ちを聞いてくれる友達と会えないときは、1人で気持ちを声に出すことで解決していると明かした。

   また「今回、倒れて、心ってほんとに大事だと思いました」「心の声を中途半端に聞いていてももちろん生きてはいけるけれど、後で必ず、プツンと切れるんだな」ともつづり、自身の休養と心の関係も示唆している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中