小林麻耶、悪口を言われた時の対処法「悲しいときは声に出す」

印刷

   現在、芸能活動を休養しているフリーアナウンサーの小林麻耶さん(37)が11月4日(2016年)にブログを更新。読者からの質問に答える形で「悪口を言われたときの対処法」を公開した。

   小林さんは、「自分の気持ちを声に出して、自分の耳から聞くと楽になる傾向がある」と語り、自分の気持ちを聞いてくれる友達と会えないときは、1人で気持ちを声に出すことで解決していると明かした。

   また「今回、倒れて、心ってほんとに大事だと思いました」「心の声を中途半端に聞いていてももちろん生きてはいけるけれど、後で必ず、プツンと切れるんだな」ともつづり、自身の休養と心の関係も示唆している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中